家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

アイリス

サイズ300*225の写真はグリカ素材としてお使いください。

カキツバタ(杜若、燕子花)、ショウブ(菖蒲)、アイリス、アヤメ(菖蒲)と呼び名と科の区別、見分けかたで悩む季節になりました。

ネットで、ハナショウブはアヤメ科、ショウブはサイトモ科と書かれていました。
ショウブ以外は全てアヤメ科で、学名?がアイリス・・・・

下記で解説とあるのは、園芸植物大辞典[小学館](コンパクト版・初版)よりの抜粋
(頭が痛くなりそうなので本当にちょこっとだけ抜粋)

2003.5.7
花を開いて写したオシベと小雨で水玉をつけた真っ白な花を追加

2003.5.6
前半は模様にこだわってみました
(ほとんど同じ写し方ですが、庭と近くの畑で写しました)

このヒゲみたいなのは何?
解説から
アヤメ属イリス亜属->根茎アイリスと呼んでいるもの
イリス節->ビアデット・アイリスと呼ばれ、外花被片にひげ状の突起を持つ
こちらはヒゲがありません
解説から
アヤメ属イリス亜属->根茎アイリスと呼んでいるもの
スパツラ節->ビアドレス・アイリスとして知られ、
花被片にひげ状の突起が無いもの

根を見てないから非根茎かも?

これ以下には、イリス節のみを掲載
亜節までは調べる元気はありませんでした。元気のある方は、園芸植物大辞典[小学館]
(コンパクト版・初版)を図書館で開いてみられたらと思います。

ここの写真では、模様はそれほど変わっていません、楽しまれてきただけあり、花色だけが豊富なようです。


ここからはちょっと引いた感じの3枚も

アイリス(4−3)
ちょっと角度を変えたものも
96kb
アイリス(8−2)
縁取りを写したつもり
116kb
 

2006.05.24
オシベとメシベ、間違えていた記述を修正

ハナショウブの花へのリンク

サイズ1024*768の写真は、個人のデスクトップ壁紙以外の用途で使用しないで下さい。

戻る